想い出

ひとつひとつの出来事

一瞬一瞬の気持ちが

つぎつぎと記憶の彼方へと

おし流されてゆくのを

儚くも愛おしく想う